カサカサ肌に良いクリーム!

男性のカサカサ肌対策

 

男性は女性ほど美容に興味がないと言いますが、肌の乾燥を気にする方は多いでしょう。カサカサ肌とは角質層の水分が著しく低下した状態で、放っておくと乾燥が進んで粉をふいたり、かゆみが出てきたりします。

 

また、しわが増える原因にもなるので、早目に対処することが大切です。そこで、カサカサ肌の改善方法についてご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

男性が乾燥する一番の原因は、保湿などのスキンケアをおろそかにしてしまうことが挙げられます。洗顔後は化粧水だけつけておけば大丈夫だと思っている方は多いでしょうが、化粧水だけではあまり効果が期待できません。面倒くさがらずに、洗顔後はクリームや乳液で蓋をして、潤い成分を肌にしっかりと閉じ込めましょう。

 

ほとんどの男性は、毎日カミソリでひげを剃ると思いますが、それが乾燥の原因になります。肌に直接カミソリの刃を当てることで、角質層も削り取られてしまっているからです。その負担を少しでも軽減するためにも、切れ味の良いカミソリを使って、優しく滑らせるようにシェービングしましょう。

 

シェービングのフォームやローションを使うのも一つの手です。ただ、成分の中にアルコールが入っていると、肌を乾燥させてしまうので十分気を付けてください。そしてひげ剃りの後も、しっかりと保湿しましょう。この他に、乱れた生活習慣や偏った食生活なども乾燥の一因となり得るので、自身の生活を一度見直してみることをおすすめします。

 

 

思い込みの乾燥対策

 

効果があると信じて行っていることが、実は肌に悪影響を及ぼしている場合があります。思い込みのケアを続けると、取り返しがつかなくなることもあるのです。そこで、知っておくと得する、お風呂場での美容術についてご紹介します。

 

ダイエットやデトックス効果のために、高温のお風呂に長風呂する方も多いでしょう。ただ、40℃のお湯に20分浸かっても約70kcalしか消費されませんし、なんといっても肌の乾燥を避けられません。皮膚の潤いを保つ皮脂とセラミドは、42℃以上のお湯に浸かると、その機能が崩れてしまいます。また長風呂することで、皮脂とセラミドが皮膚内部から失われて乾燥してしまう可能性もあります。

 

おすすめは、38℃から39℃のぬるま湯に10分から20分の入浴です。保湿力のある入浴剤を入れて、乾燥を防ぐのも良いでしょう。メイクを落としてすぐ湯船に浸かると、身体が温まって水分が蒸発しやすくなったり、うるおい成分が流れ出してさらに乾燥が進んでしまいます。すっぴんで入浴する際は、クリームなどでしっかり保湿してから浸かるようにしましょう。

 

お風呂上がりの肌は、油分が失われ非常に乾燥している状態です。また、水分を全て拭き取ってしまうとさらに乾燥するので、軽く水分が残った状態でスキンケアを行いましょう。濡れたままに抵抗がある方は、軽く絞った濡れタオルで拭けば、水分が失われることもありません。

 

ご存知のようにお風呂場は湿度100%なので、肌が乾燥するなんて思いもしなかった方は多いでしょう。思い込みほど危険なことはないので、正しい知識を元に正しいケアを行ってください。

 

緊急時に効く乾燥肌対策

 

大切な日に、朝起きたら肌がカサカサで粉をふき、むくんで顔が丸い、なんてことがあっては大変です。そこで、そんな緊急事態が起きたときの、カサカサ肌に効くクリームケア方法をご紹介します。

 

乾燥した肌はバリア機能が著しく低下している状態のため、決して刺激を与えてはいけません。摩擦や刺激に気を付けながら、保湿や紫外線対策ケアをしっかりと行いましょう。化粧水や乳液を手のひらを使って優しく押し込み、体温でじんわりと浸透させていきます。この時、マッサージをすると刺激になるので避けてください。

 

コットンを使う場合は、しっかりと化粧水を含ませて繊維による刺激を減らしましょう。また、バリア機能が低下した状態の肌は、紫外線の影響を受けやすいのでしっかりと対策することが大切です。

 

十分に保湿が出来たら、メイクをしていきます。肌のバリア機能が低下しているので、ファンデーションが刺激となり、肌荒れしてしまうかもしれません。出来るだけ肌への負担が少ないファンデーションを選び、優しく滑らせるように塗りましょう。

 

顔のむくみには、足湯がおすすめです。時間に余裕がない人は、メイクやヘアブローをしている最中に足元に洗面器を置いて、同時進行すると良いでしょう。お湯は40℃ほどに設定してしばらく足を浸していると、体温が上がって血行が良くなりむくみも解消されていきます。

 

さらに、血行が良くなることで肌の透明度も上がるので、一石二鳥です。大切な日にトラブルが起きても、ご紹介してきたことを実践すれば、潤いのある美しい肌を取り戻すことができるでしょう。

更新履歴